敏感肌用、顔のムダ毛の処理方法

顔のムダ毛の処理をするとしないとでは、お化粧のノリが全然違います。ですが、処理の仕方が悪いと逆に肌が荒れてしまう原因にもなるので、適切な処理の仕方を身に付けることが重要だと思っています。私は、週に1度、オフの日(化粧をしない日)の朝、顔を洗う前に温めたタオルで顔を拭き、その後電動カミソリで優しく剃っています。顔を洗ってからだと、皮膚が柔らかくなってしまっているので、顔用の電動カミソリでも皮膚を痛めてしまうことがあります。

?のムダ毛や産毛は週1では伸びてきてしまうので、週の真ん中にも剃っています。大抵は仕事から帰ってきて化粧を落とす前にサッと剃ってしまいます。なるべく皮膚に刺激を与えないためにも、1回で剃るよう心がけてます。まゆのムダ毛は、毛抜きで抜いています。まぶたの上に生えている毛を抜く時は、抜き方が悪いと、まぶたを痛めてしまい、たるみの原因になるらしいので、慎重に抜いています。また、毛根が中に残ってしまうと汚いので、切れないようにゆっくり抜いています。

口周りはしっかり剃りたいのですが一番荒れやすく、特に鼻の下は赤くなりやすいので気を付けています。気になるときは、化粧をが終わってから、優しく剃って、ブラシで剃った毛を払い、取り除いています。気を付けていても、荒れてしまう時はあります。そういう時は、普段の基礎化粧品はお休みして、荒れているところにザーネクリームを薄く塗っています。炎症が抑えられるのでオススメです。

顔用除毛クリームを使用

顔の産毛処理は顔専用の除毛クリームを使用しています。顔はデリケートな部位なので、顔専用を使用しないと、肌トラブルになるので、バスタイム中に除毛クリームを塗ってケアするようにしています。天然由来の成分で出来ているので、刺激もなく安心できる除毛クリームですし、クリームの臭いもきつくないので、バスタイム中に使用してもお風呂場で充満することがなく、安心して使用することができます。肌に優しい成分なので、使い終わった後は顔をサーっと洗い流すだけで処理は終わりますし、保湿成分も含まれているのでお肌がツルツルになります。使い終わった後は、肌がシットリして心地よくなるので、とても快適です。

顔の産毛処理は、除毛クリームがベストな方法で、肌トラブルが起きず、傷つくこともないので継続的に使用しています。急いで保湿することもなく、お風呂上りはゆっくりとスキンケアすればよいので、手軽にできますし、スムーズな処理ができるので便利です。肌の違和感などもなく、除毛クリームを使った後すぐメイクしてもよいですし、肌の状態がきれいになり、ヒリヒリすることもないので快適です。刺激がないので、使い心地も良いですし、お肌がツルツルになったことで素肌に自信が持てるようになりました。産毛がないことでメイクしやすいですし、化粧ノリもだいぶ違うので産毛処理は必要だと実感しています。ファンデーションのノリも違うので定期的な産毛処理は除毛クリームで行っています。

オススメ:鼻下の産毛処理が紹介されている
https://www.satoriinstitute.info/
リスクのある自己流よりもプロに任せる方が安心かもしれませんね